無料Wi-Fiって安全じゃないの?無料Wi-Fiの危険性を徹底解説!

無料Wi-Fiって安全じゃないの?無料Wi-Fiの危険性を徹底解説! ノウハウ・コツ

通信制限を気にせず、無料で自由にインターネットに接続できる「無料Wi-Fi」 。とても便利で多くの人がカフェ WiFiや空港、公共の場などあらゆる場所で利用しています。しかし、無料Wi-Fiを使ったインターネット接続には、利便性と同時に危険性もあることをご存知でしたか?今回は、無料Wi-Fiの危険性について徹底解説します。

無料Wi-Fiの危険性

盗聴・のぞき見から個人情報が盗まれる

通信内容が暗号化されていない無料Wi-Fiを利用していると、同じWi-Fiに接続している第三者から通信の盗聴やのぞき見をされる可能性があります。つまり、アクセスしたwebサイトの通信内容やメールの内容、SNSなどが丸見えになってしまうのです。

そうすると、個人的なやり取りの内容などから個人情報などを抜き取られてしまう可能性が出てきます。閲覧した通信内容やメールの内容からID、パスワード、メールアドレスなどを調べることは簡単です。その結果、盗んだデータの人物になりすまして、各種サイトやアプリ、メールなどを悪用されてしまいます。

ウイルスに感染する

正規に提供された無料Wi-Fiに紛れて、同名またはよく似たネットワーク名で誤認させるような「野良Wi-Fi」や「なりすましWi-Fi」が存在します。これは、正体不明のWi-Fiで、中には悪意を持って設置された危険なものもあります。無料Wi-Fiだと思ってうっかり接続してしまうと、スマートフォンやパソコンがウイルスに感染してしまったり、乗っ取られてしまうなんてことも。中には、ウイルスに感染していることに気づかないケースもあり、知らないうちにトラブルに発展していることも多々あります。

危険を回避する!2つの対策方法

①VPNを活用する

無料Wi-Fiを利用する際にVPNを活用することで、通信を暗号化することで安全性を確保します。そうすると、外部からは通信内容を見ることができなくなり、情報を盗むことが極めて困難になります。

②セキュリティソフトの導入

セキュリティソフトを入れておくと、不正サイトへのアクセスやウイルス感染のリスクも軽減されます。もし、野良Wi-FiやなりすましWi-Fiに接続してしまった際やスマートフォンなどの乗っ取りが起きてしまった時など、万が一の備えとなります!

最後に

無料Wi-Fiは気軽に使えて魅力的ですが、危険性があることも把握して対策を立てることが大切です。無料Wi-Fiを利用する際にはVPNやセキュリティソフトを利用しながら、万全の対策でインターネットを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました